◆「月映(つくはえ)」展が東京駅・東京ステーションギャラリーで開催。
2015年9月19日(土)~ 11月3日(火・祝) TEL03-3212-2485

   

恩地孝四郎、田中恭吉、藤森静雄の3人による創作版画誌『月映』を中心に、萩原朔太郎の初めての詩集『月に吠える』の関連する作品や資料などを展示。自画自刻自摺の木版画芸術の原点を見る。
※「話題の本」で小社刊の田中恭吉の本を紹介しております。

     
   
     
 

◆「第60回CWAJ現代版画展」

   


1956年以来毎年開催されている国内外の女性たちのボランティラによる版画展。
米国人オリヴァー・スタットラーの提唱で始まり今年は還暦の60回記念展。  

東京展 東京アメリカンクラブB2F 東京都港区麻布台2-1-2  
2015年10月30日(金)~ 11月1日(日)

神戸展 神戸倶楽部 神戸市中央区北野町4-15-1
2015年11月6日(金)~ 11月8日(日)

※著・オリヴァー・スタットラー『よみがえった芸術―日本の現代版画』(小社刊)
監修・猿渡紀代子  編集協力・桑原規子、西山純子、味岡千晶
翻訳・CWAJ(College Women’s Association of Japan)
主な紹介作家 恩地孝四郎 棟方志功 平塚運一 川上澄生 斎藤清 武井武雄        
          畦地梅太郎 初山滋 山口源 川西英 山本鼎 吉田ファミリー
体裁・ B5判 296頁 図版102点
■定価 3,024円(本体2,800円)

著者紹介 オリヴァー・スタットラー(1915-2002)
米国シカゴ生まれ。シカゴ大学卒業。1947年軍属として来日し1958年まで滞在。
日本文化の研究家となる。米国各地で展覧会を企画、日本の現代版画の普及に 努めたほか、多くの講演、執筆をする。

   

   
     
 

◆『月映』展

   

第60回CWAJ展  (よみがえった芸術―日本の現代版画)を紹介

     
 
   
   
 

玲風書房
〒165-0026 東京都中野区新井2-30-11
TEL : 03-5343-2315 FAX : 03-5343-2316