MENU

◆新刊のご案内

谷文晁の事績

著・磯崎康彦(福島大学名誉教授)

江戸絵画の大御所、その軌跡を探究

谷文晁(1763-1840)は、現今とは異なり江戸画壇の大御所であり、落語にも登場する著名人であった。文晁は狩野派をはじめ、明清のみならず宋元の中国絵画を、さらに石川大浪から西洋画も習得した。寛政四年(一七九二)に田安家出身で老中松平定信附御絵師となった。定信は、文武奨励をとなえ、幕府の教学であった朱子学を正統化し、伝統文化保守の為、文晁に命じて『古画類聚』や『集古十種』を編纂させた。『石山寺縁起絵巻』を補完させたのも、伝統文化の保護であり教示である。他方、異国船がわが国の近海に出没するなか、海防政策が問題となり、文晁に命じて『公余探勝図』や木版画異国船図を描かせた。谷元旦、谷文一、谷文二らが文晁の教えをうけて画家となり、また写山楼からは多くのすぐれた門人が輩出された。渡辺崋山、高久靄崖、佐竹永海、田能村竹田ら多士済済である。


・A5判(148×210㎜)
・上製本 総366頁 カバー掛け
・文中図版掲載80点
・口絵カラー8頁、9点

■定価 8,148円 (本体7,407円+税)
ISBN978-4-947666-78-9


【主な内容】

第1章 前期(天明、寛政年間)の谷文晁

・文晁、加藤文麗や渡辺玄対のもとで学ぶ
・文晁と熊阪家の人々―文晁、高子二十境図を描く―
・松平定信の海防政策と文晁
・『集古十種』と文晁

第2章 谷文晁と蘭画

・文晁の「泰西画法」の師、石川大浪の生涯
・文晁の「泰西画」理解

第3章 中期(享和、文化年間)の谷文晁

・田能村竹田、文晁に師事す
・文晁、『石山寺縁起』巻六、巻七を補完
・『日本名山図会』と文晁
・文化六年、渡辺崋山、文晁に師事す

第4章 後期(文政、天保年間)の谷文晁

・浴恩園での松平定信と文晁
・文晁、鷹見泉石と交友す


駒井哲郎 煌めく紙上の宇宙

31回「倫雅美術奨励賞」受賞

企画・監修 横浜美術館

銅版画の詩人といわれた駒井哲郎の全貌と、創作活動に影響のあった画家、詩人、音楽家などとの交流が美術館学芸部の研究により解明される。それらの作家ルドン、クレー、恩地孝四郎など約60点の作品も掲載されている。

・B5変型判 (240×190㍉)
・並製本 総272頁(カラー160頁) カバー掛け
・掲載作品278点(駒井哲郎212点)
・本文・章解説/作品リスト=英訳付
・年譜/主要参考文献

■定価 2,852円 (本体2,593円+税)
ISBN978-4-947666-76-5


【主な内容】

[図版]
第1章 銅版画との出会い
第2章 戦後美術の幕開けとともに
第3章 前衛芸術との交差
第4章 フランス滞在と「廃墟」からの再生
第5章 詩とイメージの競演
大岡信/安東次男/中村稔/野間宏/小山正孝/埴谷雄高/金子光晴
丸山薫/谷川俊太郎/福永武彦 他
第6章 色彩への憧憬

[文章] 英訳付
序にかえて/逢坂恵理子
駒井さん/粟津則雄
銅版とPas de deux ― 師・駒井哲郎の日々/中林忠良
東西の美術・文学・音楽の交差点としての駒井哲郎/片多祐子(横浜美術館・学芸員)

[資料]
駒井哲郎の交友関係を読む
舞台美術「一目見て憎め」写真アルバム
関連作家解説
恩地孝四郎/長谷川潔/岡鹿之助/清宮質文/瀧口修造/山口勝弘/浜田知明
武満徹/オディロン・ルドン/パウル・クレー/レンブラント・ファン・レイン
ロドフル・ブレダン/ジョアン・ミロ 他

著者略歴
駒井哲郎(こまい てつろう 1920-1976 )
東京都日本橋生まれ。1935年西田武雄が主催する日本エッチング研究所に通い始め、デッサンやエッチング、ドライポイントを習い始める。同所で関野凖一郎、笠木実らを知る。1942年東京美術学校(現・東京藝術大学)油画科本科を戦争のため繰り上げ卒業。1952年瀧口修造を顧問とする実験工房に参加。安東次男、丸山薫ら詩人とオリジナル版画による詩画集も多く刊行、銅版画の詩人といわれる。後年、東京藝術大学の教授となり、多くの画家を輩出する。


母守唄 母は焚き木です

詩・国見修二

国見さんの詩の一篇一篇は、どれも読み手

それぞれだれかの母親像にたどり着くものばかりです

        -日本子守唄協会会長 西舘好子-

・A5判
・上製本 総144頁 カバー掛け
・掲載詩240篇
・序/西舘好子(日本子守唄協会会長)
・画/松永伍一
口絵(カラー)1点
挿画、カバー7点

■定価 1 ,980円 (本体1,800円+税)
ISBN978-4-947666-79-6


【掲載内容】

第一章 遊び
第二章 食べる
第三章 豊饒
第四章 深く
第五章 浄化

著者紹介
国見修二 (くにみ しゅうじ 1954-)
新潟県まれ。上越教育大学大学院修了。
日本詩人クラブ会員。上越詩を読む会運営委員。高田瞽女の文化を保存・発信する会理事。

書評 読売新聞 2019.4.28
書評文・一青窈
著者、息子から母に逆流する愛の洪水の如く、想いは花と咲き、幹となって耐え、鬼のように暴れ、星のごとく瞬き、幾度も疑問の音になる。まるで恋煩いのような瑞々しさと、やがて来る生の終わりを予感した焦りをも同時に孕ませ、文字通り、燃えつきるまで、焚き木のようにその思いをくべてゆくのだ。(抜粋)

PAGE TOP