木版の伝統を生かして新しい造形詩の世界を描く。独自の世界を築いた由木礼の版画芸術の全貌が初めて明らかにされる。


・B4変型判
・フランス装 総136頁
・収録作品 総446点(カラー作品56点)
・文/品川 工・深澤幸雄他
・作家論/桑原規子
・付/作品リスト・年譜(英訳)

■定価 12,343円(本体11,429円)
ISBN978-4-947666-38-3


(ゆき れい 1928-2003)
東京・白金台生まれ。1948年、アテネ・フランセに通い英語とフランス語を学ぶ。品川工に強い印象を受け、同氏に師事。1953年、日本版画協会展に初入選。1958年、「果実」を結成。1970年、春陽会展で初入選。1980年、シャロン市立ドゥノン美術館(フランス)で個展開催。1977年、悪魔骨牌(カルタ)が完成。