詩・国見修二

国見さんの詩の一篇一篇は、どれも読み手
それぞれだれかの母親像にたどり着くものばかりです
-日本子守唄協会会長 西舘好子-


・A5判
・上製本 総144頁 カバー掛け
・掲載詩240篇
・序/西舘好子(日本子守唄協会会長)
・画/松永伍一
口絵(カラー)1点
挿画、カバー7点

■定価 1 ,980円 (本体1,800円+税)
ISBN978-4-947666-79-6


【掲載内容】
第一章 遊び
第二章 食べる
第三章 豊饒
第四章 深く
第五章 浄化

著者紹介
国見修二 (くにみ しゅうじ 1954-)
新潟県まれ。上越教育大学大学院修了。
日本詩人クラブ会員。上越詩を読む会運営委員。高田瞽女の文化を保存・発信する会理事。

☆読売新聞 書評 2019.4.28
書評・一青窈
著者、息子から母に逆流する愛の洪水の如く、想いは花と咲き、幹となって耐え、鬼のように暴れ、星のごとく瞬き、幾度も疑問の音になる。まるで恋煩いのような瑞々しさと、やがて来る生の終わりを予感した焦りをも同時に孕ませ、文字通り、燃えつきるまで、焚き木のようにその思いをくべてゆくのだ。(抜粋)