カラーメゾチントという銅版画の技法を確立した
浜口陽三の傑作を楽しむポストカードコレクション。


・A6判(150×106㎜)
・フランス装 総52頁
・ポストカード22枚
・画家のことば ・略歴

■定価1,080円(本体1,000円+税)
ISBN978-4-947666-73-4


【掲載作品】

・パリの屋根 ・19と1つのさくらんぼ
・びんとレモン ・赤い鉢と黒いさくらんぼ
・水差しとぶどうとレモン ・赤い皿
・青いガラス ・さくらんぼとアスパラガス
・魚 ・2匹のてんとう虫
・ポプラ ・ 1/4のレモン
・暗い背景のぶどう ・さくらんぼと青い鉢
・黒いさくらんぼ ・2匹の蝶
・西瓜 ・14のさくらんぼ
・蝶と太陽  ・野
・毛糸と編み棒 ・びんとレモンと赤い壁

浜口陽三 (はまぐち ようぞう 1909~2000 )
和歌山県生まれ。フランスに渡るが1940年、第二次世界大戦のため帰国。1953年、日本銅版画家協会を結成。再び渡仏。1957年、サンパウロ・ビエンナーレで大賞受賞。1961年、神奈川県立近代美術館で展覧会開催。リュブリアナ国際版画ビエンナーレでグランプリ受賞。1986年、勲三等旭日中綬章を受章。